UHT FurnaceHarper は、多くの粉末金属および高弾性 炭素ファイバーの製造で使用する、定格 3,000℃の超高温ファーネス (UHT) システムの世界的リーダーです。これらの材料は、主に高い硬度を必要とする利用分野で使用されます。

Harper のエンジニアリング エキスパートのチームは、革新的な設計上のテクニックを利用して、そのような高温で、また長時間運用する必要のあるシステムの開発という難題に対応します。発熱体や絶縁体のような、ファーネスの製造で利用されるほとんどの材料は、そのような高温にさらされるため、反応の一環として消費されます。Harper は、長年の経験と独自のいくつもの技術を利用して、こういった高温に長い時間さらされても信頼性を保つシステムを構築します。

弊社の UHT での技術的な前進の例としては、ポジティブ シールの構成テクニックがあります。これによってファーネスの寿命が大きく伸びるとともに、よく断熱されたチャンバーから構成され、システムの熱損失を最小化する加熱エリアが実現できました。加えて、優れた気密構造を追求する、弊社の多方面からのアプローチにより、必要とされる加熱チャンバーのパージ率は最小になり、ファーネスの寿命は長くなりました。UHT システムには、気密構造の設計と検査の点で、特別な注意が払われています。鋼鉄製シェルのガス シーリング溶接は、独立の検査担当者により、視認と染料浸透試験によって検査されます。システムが組み立てられると、気密構造を確認するために、出荷の前に圧力試験が行われます。

Harper は、年に 10 トン製造できる 65mm 幅の小型システムから、400 トン以上の製造率のものまで、様々なサイズの UHT ファーネスを開発してきました。弊社のすべての設計と同様、ファーネスについても、お客さまの処理のニーズに合わせて、最先端のソリューションをカスタマイズしています。

次に示すのは、多くの UHT カスタマーのうちの 1 人が、弊社の極めて高度なシステムについて述べた事柄です。

“「Harper の超高温 (UHT) 黒鉛ファーネス システムは、その性能の点で岩のような頑丈さを示してきました。2,500℃で運用することはシステムにとって潜在的な挑戦となりますが、Harper の設計は頼りになり、2006年以来一貫して信頼性を示しています。最小限の再構築と 2,500℃での運用を通じて、注目すべきことに、システムはオリジナルの発熱体と黒鉛部品を保っています。このような高温では通常、これらの部品は急速に劣化してしまいます。ファーネスは複数のアプリケーションのプロセス開発で使用されており、この目的における多用途性を実証してきました」、”

Nicholas Gagliardi
複合素材研究エンジニア
デイトン大学研究所

詳細はこちら…

Your Name*

Your Email*

Company*

I am interested in....
Harper’s Ignite™ ProgramHarper’s Beacon™ ProgramHarper’s Pulse™ ProgramCarbon Fiber Furnaces & OvensRotary FurnacesPusher FurnacesVertical FurnacesMicrowave SystemsOther

How can we help?